ニュースサイトを見ていると

整形と脱毛を失敗したくない > エリア > ニュースサイトを見ていると

ニュースサイトを見ていると

2014年9月 1日(月曜日) テーマ:エリア

「スプレッド」とはFXは通貨ペアをトレードして差益を稼ぐ取引です。

取引の値段は四六時中変動しています。

 

これがレートです。

 

ニュースサイトを見ていると外貨の為替相場の情報が流れる時があります。

 

よくあるのが「今日のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを提示しています。

 

売り買いには買値と売値の2個の価格があります。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と示している取引業者もあります。

 

普段は買値よりも売値のほうが安い価格に設定されるものです。

 

投資家が買うときには高く、売るときには安くなるのが普通です。

 

この差額をスプレッドといい会社の利益といわれています。

 

スプレッド幅は取引会社によって違います。

 

スプレッドの差は投資家にとってコストになるので、狭い取引業者をピックアップするほうが得します。

 

ただし、同じFX会社でも状況によってスプレッドの広さは拡大したり、縮小したりします。

 

例えば通常はドル円の組合せでたった1銭のスプレッド幅であっても為替相場の変動が激しい状態では1銭よりも広くなります。

 

ですから、スプレッドが小さいのと変化が少ないということが大事です。

 

固定したスプレッドの幅を表示するFX取引会社も多く存在しています。

 

実際にFX取引会社の売買画面の中で実際の相場をチェックしなければ評価できないので面倒ですがとても大切なことです。

 

大切な財産を預けてエントリーするのだから、現実の取引の前に興味があるFX会社の新しい口座開設をして、提示されているスプレッドの差を確かめましょう。

 

同じ通貨のペアでも、その時点の外国為替市場の変動率によってスプレッドは変わることがあります。

 

たいがい、インターバンクで取引量の多い、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの広さが小さく、この他のペアではスプレッドの幅が広くなる事が多いです。

 



関連記事

ルールが施行

ルールが施行

2014年9月 1日(月曜日)

ニュースサイトを見ていると

ニュースサイトを見ていると

2014年9月 1日(月曜日)