ルールが施行

整形と脱毛を失敗したくない > エリア > ルールが施行

ルールが施行

2014年9月 1日(月曜日) テーマ:エリア

民事再生は住宅のためのローンを含めて多重債務の問題に悩んでいる個人を対象に、住んでいる家を手放さずに金銭的に再建するための法的機関を通した債務を整理する道として2000年11月に施行されたルールです。

 

破産のように免責不許可事由がないので、賭博などで債務がふくらんだ場合も手続きは取れますし破産宣告をすれば業務不可能になる業界で収入を得ている人でも制度の利用ができます。

 

破産の場合は、住宅を残しておくことはできませんし、他の債務処理方法では圧縮した元金を支払っていくことが求められますので住宅ローンも払いながら支払うことは現実問題として難しいでしょう。

 

しかし、民事再生を採用することができれば、住宅ローン以外での負債については少なくない場合においてカットすることも可能ですので、余裕を持ちつつ住宅ローン等を返済しながら負債を返済していくことも可能というわけです。

 

ただ、民事再生という方法は任意整理や特定調停といった手続きとは違って一部の借り入れを省いて手続きをすることは考えられませんし、破産申請のように負債それ自体消えるのでもありません。

 

さらに、そのほかの解決策に比べて手続きが簡単ではなく手間が必要ですので、住宅のためのローンを組んでおり住んでいるマンションを維持したい場合などを除いて、破産申告のようなそれ以外の選択肢がない時だけの方法とみなした方がいいと思います。

 



関連記事

ルールが施行

ルールが施行

2014年9月 1日(月曜日)

ニュースサイトを見ていると

ニュースサイトを見ていると

2014年9月 1日(月曜日)